日々の暮らしと愛犬chipのこと。ファミリーで頑張るtennisのことをすこし。


by aptcmama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:tennis( 5 )

終わりました。。。

今日はクリスマス。
みなさん素敵なクリスマスをお迎えでしょうか?
わが家はツリーもリースもなくいつもどおりのクリスマスとなりました。
(でも、ケーキとサンタは来てくれましたよ)
2007年も残すところ1週間。。
本来なら、年末年始の準備に追われ忙しくしているはずなのですが
わが家の1年は、すっかりテニスに主導権を握られているので
1年の行事も儘ならないというのが正直なところ。。
それを理由に今年はすっかり「パス!」を決め込み
何もしない自分もどうかと思うのですが。。。

この週末、今年最後の試合が終わりました。
九州4会場で予選があり、シングルス上位4名、ダブルス上位2組が
年始早々に行われる大会へ出場できるという大会です。
各人2会場まで参加資格があるので
息子は先々週は宮崎大会、先週末に鹿児島大会へと参加しました。
お陰さまで、どちらの大会も上位4名に入ることが出来(残念ながらダブルスは落としました)
このお正月は北九州で過ごすこととなりました。
この頑張りを是非とも北九州で発揮してできるよう
体調管理まで気を使って欲しいものです。


実は、この宮崎予選の際
今年最大に怖い思いをしました。。。

近県の大会もエントリー時刻や初日の試合終了時間を考え
1泊することが多くなってきました。
宮崎大会も同様に宿泊先を探しましたが
先々週は、東国原知事やタレントの萩本欽一さんも参加した
「太平洋マラソン」と日程や会場が重なっており
なかなかホテルが取れずにいたところ
宮崎の友人が12月1日オープンのホテルを紹介してくれ
無事に1泊することができました。
オープンしたてのホテルは、観光名所になった県庁のすぐ裏にあり
ホールや室内もとても清楚で美しく(ビジネスホテルとは思えないのです)
母子ともとても嬉しく気持ちよく過ごしていたのです。。。

More
[PR]
by aptcmama | 2007-12-25 18:49 | tennis
台風の進路を気にしながらの東京行きでしたが
3日間お天気もまずまずで、無事夕べ帰ってまいりました。

AIGオープン観戦がいちばんの目的でしたが
今回はどうしても決勝戦のチケットが入手出来ず、1日だけの観戦となりました。
会場に着いてすぐに目にした看板。
まだ決まってないんですけどね。。
f0057286_17363974.jpg







残念ながら息子の大好きな”レイトン・ヒューイット”選手は
先日の準々決勝で惜しくも敗退し、息子はその勇姿を観ることはできず。。
(出発前、その情報をネットで知り、がっくりしていたのです)
けれども、世界ランキング10位以内の選手のプレイや
女子№1の”ヴィーナス・ウィリアムス”選手のプレイを堪能し
ずっと頬が紅潮したままの息子でした。
合間に各メーカーのラケット試打会や抽選会、携帯ゲームのダウンロード
挙句の果ては、しっかり中村藍子選手やガスケ選手からサインをもらっていたり
開場~最後のダブルス準決勝まで約10時間、父子仲良くテニス三昧の1日でした。
私は昼間のあまりのお天気の良さにちょっとダウン。。
各ブースで息子達の買い物をしたり、ひとりお茶をしながら
屋外ビジョンの映像を観ていたり。。
(”有明テニスの森”と言うだけ、木陰も多くベンチも沢山用意してあるんです)
f0057286_1719408.jpgf0057286_17202198.jpg







f0057286_17224515.jpgf0057286_17232865.jpg








途中、客席の中に「車椅子テニス」でグランドスラムを成し遂げた
国枝選手を見つけた息子。
控えめに「サイン、もらえませんか?」と言った息子に
はにかみながらも快くサインをして下さった国枝選手。。
今回、各選手の観戦はもちろん嬉しくて仕方なかったのですが
なによりも国枝選手の優しい人柄に触れテニスがますます好きになったようでした。
[PR]
by aptcmama | 2007-10-09 18:58 | tennis

実のある週末

週末、秋晴れのとてもよいお天気でした。
日曜は運動会だったところも多かったようですね。
朝、運動会のための交通整理のご父兄や校庭の万国旗を
横目にしながら車を走らせていました。

この週末、息子はミズノ主催の”テニスクリニック”に参加し
2日間どっぷりテニス漬けでした。
息子がこのクリニックを受けるのも、もう4回目。
「日本テニス協会ナショナルチーム・ジュニアフェドカップ(16歳以下)代表監督 」である
岩本 功さんの指導の下、県内のジュニアが集まってのクリニックでした。
岩本コーチとも、もう何回も顔を合わせているため
息子も名前を覚えて頂いてはいるんですが
なかなか上達のない息子...もう少し、学習してくれればいいんですが。
f0057286_11536.jpgf0057286_115306.jpg







f0057286_116113.jpgf0057286_11191654.jpg







気がつけばば、息子達のクラスが一番上の年代になっていました。
今まではお兄さん、お姉さんたちの力強いプレーに憧れながら
背中を追っていた息子です。
今回、もっと下の年代で頑張っているジュニアが本当に多くて
息子も大きくなったことを改めて実感いたしました。
とにかく息子にとっては、辛いよりも楽しくて仕方なかった2日間。
テニスの技術はまだまだ同級生達にもおよびませんが
「楽しくプレイ」の気持ちだけはこのまま忘れずに
テニスを続けてくれたらいいなぁ。。


実は息子のクリニックの合間
映画「めがね」を観に行って参りました。
映画館で映画を観るのも久しぶりの出来事でしたので、とても嬉しくて。
のんびりとそしてどこか懐かしい雰囲気の風景の中に
ゆったりとふわっとした空気感が漂う映画で
劇中の”メルシー体操”のピアノの旋律と
最後の大貫妙子さんの声がとても耳に心地よく
「かめも食堂」とはまた違った感覚で癒されることができました。
南の島での「黄昏れ方」が、とても羨ましく
日々の自分からすぐにでもそこに行ってしまいたいほど。
けれど、今の自分も否定せずにいたいなぁとしみじみ。。

もう一つ私が楽しみにしていたのは、劇中で出されるごはんの数々。。。
肩の張らない普通の”ごはん”がこんなにも美味しそうだなんて。
私ももう少し丁寧に”ふつうのこと”もしてみようかなと考えさせられました。。
この素敵な景色の南の島が、本当は同県であるのもなんだか幸せです。
いつか行くことあるかしら?
近くて遠い南の島でのお話にすっかり魅了されてしまいました。
(今回もご一緒していただいたMさん。。
本当に私に合わせて振り回してばかりでした。ありがとうございます。)

母子それぞれ充実した時間を過ごせた私たち。
日曜、ずっとお留守番だったチップの散歩に息子と二人で出かけ
たまにはこんな時間の過ごし方が出来たらいいなぁと思う、この週末でした。


今日から10月。
今年もあと3ヶ月しかありませんね。
日々を大事に...そう毎日過ごしたいものです。
[PR]
by aptcmama | 2007-10-01 18:55 | tennis

明日から。。

f0057286_1565788.jpgいよいよ暦の中で、いちばん長い連休に入りますね。
みなさん、楽しい計画をいろいろと練っていらっしゃるのでは...
わが家は、今夜主人が帰って参ります。
主人の会社は、もともと5/1のメーデーはお休みのため
今年は2日に有給休暇をとれば、大型連休になったよう。
単身ということもあり、優先してお休みを頂けたようです。
私は...というとカレンダー通りにお仕事。
学校に行く息子と同じです。

この連休は、息子の九州大会出場のため
大分へ行くことになっています。
遠出や渋滞は苦手なんですが、こればかりは嬉しいと言うしかありません。


実は大分で、楽しみがもうひとつ。
昨年、家庭の事情で、大分へお引っ越しをした、主人のテニスクラブの教え子に会えること。
息子の憧れのお兄ちゃんです。
こちらにいた頃は、県の大会はほとんど優勝という実力の持ち主。
ダブルスでは全国大会へも行ったほどです。(ペアの子も、もちろんうちのクラブの子です)
主人も「俺の人生の財産なんだ。あの子達は」と言うくらい大事に思ってる子のひとり。
今回、息子の大会の応援に、ご家族でいらしてくれるとのことです。
今大会、とても厳しいドローなので、ちょっと結果は期待出来ませんが
本人が悔いのない試合をしてくれれば...と思っています。

さて、遠征の準備、少しづつ進めていかなければ。
読みかけの雑誌も何冊か入れていくことにします。


画像は関係ないけど、少し前の玄関ホール。
少しシンプルすぎますね。
[PR]
by aptcmama | 2006-04-28 18:00 | tennis

期待と不安と...

今週末、息子にとっての少し大きなイベントが待っています。f0057286_1042247.jpg

日々、練習に励んでいる息子。
”県”の範囲を超えて、もう一つ大きな地区での試合にも
出場できるようになってきました。

初めてのことではないとはいえ
ここ1ヶ月前からプレッシャーなのか、寝つけない夜が続いた息子。
一緒にいても可哀想なほどでした。
「テニスは孤独なスポーツ」とよく言われます。
コートに立つと、もう何もしてあげることはできません。
全てのことを自分1人で処理していかなければならない
その精神的なプレッシャーは、11歳の息子にとって
とても重いものに違いありません。

息子の姿に胸が痛くなりつつも、とりたてて何もしなかった私たち。f0057286_10425524.jpg
優しく見守りおしゃべりをたくさんして、いつも通りに過ごすよう心がけていました。
それが功を奏したのか
ここ数日、息子もこういう大会でしか会えない県外の友達や
引っ越してしまった幼なじみにあえるかも...とワクワクしてきた様子。
この大会に出場できることを自信にして
「今できることを精一杯やってみる」
それを胸に頑張って欲しいと思ってます。


f0057286_10231573.jpgさて、今回飛行機での移動のため、チップは主人の実家でお留守番。
うれしそうにお尻をフリフリしてたのは気のせいかしら...
(バイバイの時は少し寂しそうでしたが)
お土産、いっぱい買ってくるから許してね。(シーサーなんてどうかしら?)

木曜から沖縄に出発です。
[PR]
by aptcmama | 2006-02-08 12:10 | tennis